ベンチャー・スタートアップ企業の経理財務で働く心構え

image1

経理・財務でキャリアアップするには、ベンチャー企業やスタートアップ企業で働き、CFO(Chief Financial Officer)を目指すという選択肢もあります。
スピード感ある環境で、社内リソースが少ない環境だからこそ、幅広い業務に深い専門知識を持って働かなければなりません。IPO(新規株式公開)に関する業務を経験することも可能です。

今回は、ベンチャーやスタートアップの成長を支える役割である経理・財務担当者が知っておくべき心構えやスキルについて解説します。

目次

経理財務業務だけに専念できる環境がなかなかない

image2

ベンチャー企業やスタートアップ企業は、バックオフィス(管理部門)が不十分であることがほとんどで、経理・財務以外に総務・法務・人事部でも専任担当者が置かれているケースはなかなかありません。

そのため、経理財務の担当者が、総務・法務・人事などの業務を兼任することもよくある話です。日々の経理業務に取り組みながら、IPOに向けた審査書類の作成や内部統制を担当し、さらに、総務的な業務である規程の作成や備品発注などを行うこともあります。

新卒採用が活発化する時期などでは、採用戦略の立案など経理業務以外に充てる時間の方が多くなることもあるでしょう。

しかし本来は、事業戦略や人事戦略をベースにして財務戦略を立てなければなりません。 経営者に近いポジションで 会社の成長戦略を実現させながら、管理部門全体に関わる幅広い業務に携わることができるという意味で、CFOへのキャリアアップを目指すのには最適な職場環境とも言えます。

ベンチャーの経営で重要となるキャッシュフロー

image3

事業を大きく成長させようと考えているベンチャーやスタートアップは、毎日が資金ショートとの戦いでもあります(スモールビジネスは除く)。

日々の支払いに充てる資金がショートすれば会社は倒産してしまいますが、ベンチャーやスタートアップは将来の大きな利益に向けて多額の投資を行います。

将来の成長のために、今は赤字だとしても投資を続ける必要があり、売上や利益以外の項目をKPIに設定する企業も少なくありません。まだまだ売上が少ない中で、資金ショートしないよう、計画的な資金調達を通じて、キャッシュフローを確保し続けなければならないのです。

資金繰りに気を配るレベル感も、大企業や安定した中小企業に比べると大きな差があります。クォーター(四半期)やマンスリー(月次)は当然のこと、資金残高が少なくなるタイミングではデイリーでの資金繰りを考えなければなりません。

しかも、ベンチャーやスタートアップは金融機関からデット(借入金)での資金調達をするのが困難です。デットよりも時間や手間がかかり、資金調達が難しいエクイティ(出資等)での調達が中心となります。

エクイティファイナンスでの資金調達

image4

IPOなどEXITを目指すベンチャーやスタートアップでは、デットではなくエクイティでの資金調達の手段をとらざるを得ないことが多くなります。もちろん借入金を活用することもありますが、安定した収益源がないため、事業拡大に必要な資金の全額を借入で調達することはまず不可能です。

エクイティファイナンスには、第三者割当増資・新株予約権などの方法があります。これらは返済義務のある借入金ではなく、返済義務のない会社の純資産にあたるものです。第三者割当増資などの募集に応じてくれるのは、金融機関ではなく投資家で、エンジェル投資家やベンチャーキャピタル、自社の製品・サービスと関わりのある事業会社などが該当します。

彼らがベンチャーやスタートアップの資金調達に応じてくれる理由は、事業の将来性を評価するからです。そのため、資金調達にあたって準備する内容も、デットの場合とは異なります。

デットの場合、金融機関は、貸付先となる会社に借入金を返済する力があるかに注目します。 直近の決算書で営業利益をどれぐらいあげられていて、その収益性が維持できるか、担保となる資産がどれぐらいあるかといった「過去から現在」が重視されます。

一方のエクイティは、投資したお金が返済されない代わりに、キャピタルゲイン(株価の上昇)がどれだけ得られるのかがポイントです。現在の収益力よりも、将来へ向けての成長性の方がはるかに重視されるのです。

エクイティファイナンスで資金調達するためには、投資家に会社の将来性を納得してもらわなければなりません。そのために重要なのが、自社の魅力や成長する理由を簡潔に伝えるための資料作成能力やプレゼン能力です。

しかし、エクイティファイナンスで資金調達ができさえすればいいわけでもありません。第三者割当増資や新株予約権を行うことで、株主構成が変化します。ベンチャーやスタートアップの資金調達額は、それまでの資本金額から比べると非常に大きな金額となります。新株発行の条件として株価をいくらに設定するかが肝要です。

株価を低くすれば資金調達しやすくなりますが、それだけ経営陣の持株比率が下がり、経営体制は不安定になってしまいます。逆に、株価を高くすれば、経営体制は安定しますが資金調達が困難になります。

会社の将来性を適正に評価し、投資家にも自社にもメリットのある株価を定める株価算定能力も必要です。このようなエクイティファイナンスは一歩誤ればIPOなどの実現が困難になり得るケースに至る場合もあるため、経営の未来を左右する非常に重要な資金調達手法になります。

IPOを目指す上で必要になること

image4

ベンチャーやスタートアップは、IPOを目指すところも多いでしょう。IPOを進めるためには経理財務担当者、中でもCFOの手腕が欠かせません。マザーズやジャスダックといった新興市場に上場する場合でも、3~4年程度の準備期間が必要です。取り組むべき内容は専門的で複雑なものが多く、決して長い準備期間とは言えません。

主に次のようなものがあげられます。

①事業計画
証券会社や証券取引所での審査に必要です。一度作成すれば良いのではなく、最新の状態にするべく、経営状況に合わせてアップデートしていかなければなりません。特にIPOを果たした後、業績が不安定な状態では株式市場に混乱を招くため、予実管理に関しても厳しく指摘される傾向にあります。

②社内規程の整備やガバナンス体制の構築
上場企業には、非上場企業にはないさまざまなルールがあります。取締役規程や内部監査規程、社内規程の整備が必要です。また、会社を公正に運営するためのガバナンス体制の構築も求められます。

③会計方針の変更
非上場企業では税務申告のための会計処理が行われますが、上場企業は金融商品取引法に定められたルールに従って会計処理を行わなければなりません。上場準備中に会計方針を変更する必要があります。

④上場審査に必要な手続き
監査法人や主幹事証券会社を決定し、証券取引所への審査申し込みや機関投資家へのロードショーも行います。

ベンチャー経営を支えるCFOになるために必要なこと

image6

経理財務のプロフェッショナルとしてキャリアアップした場合のゴール地点は「CFO」と言えるでしょう。中でも、ベンチャーやスタートアップのCFOに求められるのは、どのようなスキルでしょうか。

①経理だけにとどまらない知識やマネジメント力
IPOの知見、経理・財務・ファイナンスの実務だけができれば良いわけではなく、管理部門全体についての幅広い知見が必要です。また、多くの業務を限られたリソースで行わせなければならないため、組織作りやマネジメントに関する能力が欠かせません。

②CEOとの関係構築スキル
ベンチャーやスタートアップの経営者は、営業力や事業に関する技術力・開発力に優れている一方で、社内体制構築や管理業務が得意ではないケースも多いです。それをサポートするのがベンチャー経営を支えるCFOの役割のひとつとも言えます。CEOと意見が対立することもあるかもしれませんが、事業を俯瞰的・客観的に捉えながら、同じ事業の成長を目指す立場として、良い関係を築き上げるスキルが重要です。

③事業戦略を実務に落とし込めるスキル
②とも関連することですが、事業戦略を実現するために、CEOの言葉や方針を社内の体制や評価基準などに置き換える力が求められます。

④投資家へ説明するための資料作成やプレゼンスキル
エクイティファイナンスでの資金調達が多くなるため、将来の成長戦略を投資家に納得してもらわなければなりません。そのための資料作成スキルやプレゼンスキルも必要です。

最後に

ベンチャーやスタートアップの経理・財務の仕事は、大企業での経理・財務と比べると、必要とされるスキルに違いがあります。経理・財務でのキャリアアップを図るうえでは、周辺部門の業務を担当しながら、経営に深くかかわる立場でもあるため、より専門性の高いスキルにつなげることができるでしょう。
また、IPOに関する業務ができるCFO人材が非常に希少であるため、あちこちから声がかかる貴重な人材に成長することも可能です。

関西ベンチャーへの転職ならビズアクセルエージェントへ

目次
閉じる