ベンチャー、スタートアップ企業の人事へ転職する時におさえるべきポイント

image2

同じ人事の仕事とはいえ、大手企業とベンチャー企業ではその役割が大きく異なります。「自分の力を試してみたい」「もっとやりがいのある仕事をしたい」「会社経営を支える人事になりたい」と、ベンチャー、スタートアップ企業への転職を考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はベンチャー、スタートアップ企業の人事に転職を検討している方に向けて、ベンチャー企業の働き方など転職活動の前に理解しておくべきポイント、さらにはCHRO(Chief Human Resource Officer)やプロフェッショナルリクルーターなどベンチャーでの人事ならではのキャリアパスなどについて解説します。

目次

ベンチャー人事の仕事内容

image1

ベンチャー、スタートアップ企業の人事担当が請け負う仕事は多岐に渡ります。特に多くのベンチャー、スタートアップ企業では、人事担当者が1人しかいないことが多く、例えば採用、教育研修、労務管理、退職に関する手続きなどの他、入社された方用の備品を揃えるなど総務関係の業務などまですべてを1人で担うことがあります。

しかし、大手企業では人事担当者が多く在籍しており、採用担当、教育研修担当など分業制を導入している企業がほとんどです。そのため、採用部門に在籍する人事は人材採用のための業務を一任しており、採用のスペシャリストとして専門性を身に着けられる部分はあるかとは思いますが、その他の業務に携わることがない方も少なくないでしょう。

一方でベンチャー、スタートアップ企業での人事業務は任される裁量範囲は広いため、会社全体を俯瞰した仕事ができること、あるいは組織が小規模であるが故に自分が採用した人の活躍を肌で感じやすいなとのやりがいを感じやすいかと思います。

ベンチャー企業で働く人事のメリット

image3

ベンチャー、スタートアップ企業の人事として働くメリットには以下のようなものがあります。転職活動の際にはこれらのメリットを踏まえ、応募企業の中から自分に合った企業を選択しましょう。

①主体性、スピード感をもって業務に取り組める

大手企業の人事では小さな業務でも多くの管理職の承認を得る必要があります。しかし、ベンチャー、スタートアップ企業では、少ない人数で事業を動かすことが多いため、実力があれば、1人の裁量権の範囲が広く、主体性、スピード感をもった業務遂行がしやすい環境であることが多いです。また、前述の通り、仕事の幅が広いため、さまざまな知見を学ぶことができることもベンチャー、スタートアップ企業での人事だからこそのメリットと言えるかと思います。

②事業・組織を俯瞰して見る力が身につく

採用、教育研修、人事異動などまで広く業務に携わることで人材、組織に関して俯瞰して見る力が自然と養われてくるでしょう。例えば営業組織でも立ち上がり初期はまず営業メンバーの採用に力を入れていくものの、営業の勝ちパターンが見えてくる段階に入ると、その勝ちパターンを入社間もない営業メンバーでも再現性をもって取り組める仕組みづくりなどに着手しなければならないフェーズに入ってきます。このような事業、組織の変わり目などを間近で目の当たりにすることが多い中、人事として例えば仕組みづくりに長けた人材を採用するか、あるいは今のメンバーの人員配置でうまく運用できないかなど、組織が最も機能する施策を考える機会を通じて事業・組織を俯瞰して見る力が培われていくかと思います。

③事業・組織の成長に貢献している実感をもてる

ベンチャー、スタートアップ企業は小規模な組織が多いです。自分が採用した方の働く様子は間近で見ることになるので強い責任感も芽生えると思いますし、また自分が採用した人材が活躍する様子などに触れた際にはとてもやりがいを感じられるかと思います。そしてこのような小規模組織から自身が採用活動に奮闘する中、100名をこえる規模にまで成長をさせるのは、言わずもがな事業・組織の成長に貢献している実感をもてるかと思いますし、そのプロセスを通じて自身の成長実感をもてる瞬間も多いかと思います。

ベンチャー、スタートアップ企業で働く人事のデメリット

image4

ベンチャー、スタートアップ企業の人事として働くデメリットには以下のようなものがあります。転職後のギャップなどが無いよう、以下のデメリットについても理解を深めておきましょう。

①特定分野のスペシャリスト的働き方は難しい

ベンチャー、スタートアップ企業の人事として働くメリットの裏返しになりますが、採用などの特定分野に特化した専門性を身に着けるという観点では大手企業などと比較すると厳しい部分があるかと思います。大手企業の場合は採用や教育研修などの専門部門に配属される形になりますので、採用担当であれば新卒・中途なども含めた採用のスペシャリストへと成長できるかと思います。

一方、ベンチャー、スタートアップ企業では当然ながら採用だけではなく、人事領域に関して広く担当していかなくてはなりませんので採用だけに100%パワーを割くわけにはいきません。なかなか人事をはじめとしたバックオフィスに十分な人員を配置できることは厳しいというのが現実な中、事業フェーズがある程度進まないと専門分野に特化した人事のような働き方はしづらいかと思います。

②業務の幅が広い分、労働時間が膨らみやすい

業務の幅が広いために各分野のことを学ぶ時間が発生する、あるいは人事の業務は採用活動での面接や内定者フォロー、教育研修など自動化しにくい業務が多い中、労働時間が膨らみやすい傾向にあります。そしてこのような事情の中で人事メンバーを増員したくとも、初期のベンチャー、スタートアップ企業では管理部門にそこまで人件費の投資予算をとることが難しく、一人に業務が集中しやすいということもあるかと思います。

ベンチャー人事のキャリアパス

image5

ベンチャー、スタートアップ企業の人事へと転職したのち、どのようなキャリアパスが期待できるのでしょうか。ここからは、人事領域で考えられるキャリアパスを紹介します。

①人事部門のマネジメント職

人事担当として実務経験を積み、マネジメントの立場を目指していく選択肢が第一に挙げられるかと思います。人事に関して採用、教育研修、人事制度などまで幅広い領域を自身の采配でまとめる立場になりますので、事業・組織を動かすダイナミックな感覚にはやりがいを感じられるかと思います。特にベンチャー、スタートアップ企業の場合には事業成長に伴い組織の形が大きく変わる中、ある程度組織規模が大きくなると人事評価制度の企画・改訂等の必要性がでてくるなど人事企画的な要素も高まってくることが想定されます。

②バックオフィス業務に広く関与する人事総務

ベンチャー、スタートアップ企業の人事担当として人事業務に関わるだけでなく、総務業務などバックオフィスに関して幅広く業務に関わる機会も多い中、ある程度幅をもったバックオフィス業務に関わるゼネラリスト的な人事総務にシフトしていくケースもあります。その場合には人事・総務などバックオフィス業務に広く関与するケースもあれば、IPOなどを目指すベンチャー、スタートアップ企業では法律などの知識・専門性(労基法などに基づく人事規定などの仕組み作り、会社法などを踏まえた株主総会の準備・運営など)を身につけてキャリアを磨いていくというケースもあります。

③プロフェッショナルリクルーター

ある程度、事業・組織規模が拡大した際に、人事業務全般からベンチャー、スタートアップ企業の拡大の肝である「採用」に特化したリクルーターという役割にキャリアを尖らせる選択肢も最近では増えました。経営をリードするCxOクラスの採用、あるいはプロダクト開発を握るエンジニアの採用が出来るか否かが、事業成長の鍵を握るといっても過言ではありません。尚、リクルーターとして採用実務を行うだけでなく、事業・組織規模が拡大した際には新卒・中途を含めた年間での採用計画立案の他、採用市場の相場感に精通したリクルーターだからこそ会社や組織課題を鑑み、「●●のような人材を迎え入れることで事業を前進させていきましょう」という社内に閉じない課題解決提案などによる貢献などのシーンも出てくるかと思います。

④CHRO(Chief Human Resource Officer)

人事の最終的なキャリアパスとして人事最高責任者を意味するCHROを目指す方が多いかと思います。人事の観点により経営を支える役割にはなりますが、当然、組織の課題や目指す姿は企業ごとに違いますので企業により、コアになるミッションは変わってきます。例えば採用が難しい人材難の時代だからこその生産性・定着率の向上などが求められる中で、VVM(ビジョン・ミッション・バリュー)を如何に策定して落とし込むのかといったプロジェクトの推進、タレントマネジメントの仕組みの導入などを主なミッションとするようなケースなどがあります。自分の在籍している組織、あるいは今後転職先候補となり得る組織において、どのような人事課題があるかなどを捉え、企業の成長を支えられるCHROを目指していくことが大切かと思います。

ベンチャー企業への転職活動で押さえるべきポイント

ベンチャー、スタートアップ企業の人事への転職はWantedlyなどをはじめとしたメディアなどでまずは情報収集からスタートされると良いでしょう。Wantedlyは企業側の観点で見た際に、比較的安価で利用できるサービスであるが故に多くのベンチャー、スタートアップ企業がWantedlyを用いて採用活動を進めています。

一方で採用活動に十分に時間や労力を割く余裕がないのもベンチャー、スタートアップ企業の実態です。まだまだ採用活動に余力がないベンチャー、スタートアップ企業は転職エージェントを活用しながら採用活動を進めていることも多いです。また、採用にかける余力の問題とは別に、戦略的に広報活動を控えながら水面下で事業拡大を進めるベンチャー、スタートアップ企業もあります。転職エージェントを活用することで、このような企業の情報を得ることもできる可能性もあります。詳細についていは以下の記事を参考にしてみてください。

参考情報:情報収集が難しいベンチャー、スタートアップ企業の探し方のポイント

上記のような背景を踏まえ、Wantedlyなどのサービスを通じての情報収集と併せ、転職エージェントを活用しながら転職活動を進めることで、ある程度網羅的に情報収集を進めることができるでしょう。

最後に

今回は、ベンチャー、スタートアップ企業の人事に転職する際のメリットやデメリット、キャリアパスについて解説しました。会社の成長に貢献できている実感、仕事の幅といった魅力があるの裏側で、自動化が難しい労働集約的な業務が多い人事ならではの大変さなどもあるのがベンチャー、スタートアップ企業の人事になります。

その他にも認知度も低いベンチャー、スタートアップ企業だからこその採用の難しさなど壁にぶつかることもあるかとは思いますが、そのような環境の中で考え、工夫していく機会などが多い分、成長機会が多いのもベンチャーの人事かと思います。そのような環境で自身を磨きながら転職活動、さらにはCHROをはじめとした自分自身がありたい人事のキャリアプランの解像度を高めることなどにつなげていただけると幸いです。

関西ベンチャーへの転職ならビズアクセルエージェントへ

目次
閉じる