ベンチャー、スタートアップ企業のカジュアル面談で準備すべきこと

image1

ベンチャー、スタートアップ企業では面接を受ける前に、フランクに質問や意見交換をおこなうカジュアル面談が行われることがあります。カジュアル面談は、「転職希望者と会社がお互いのことをよりよく知るため」の手段ですが、その中での選考要素もゼロではありません。

また、気楽に話をする場と説明されていても、企業側がどのような目的でカジュアル面談の場を設定するのかを理解すると、準備がとても大切だということがわかるでしょう。今回は、カジュアル面談がどのようなものかを知り、どんな準備が必要なのか解説します。

目次

カジュアル面談が設定されている背景

image2

ベンチャー、スタートアップ企業では、採用面接に先立ってカジュアル面談が行われることが多いです。カジュアル面談を設定される理由は大きく2点あります。

1点目は自社のビジネスをまずは知ってもらう機会をつくりたいという企業側の目的があります。ベンチャー、スタートアップ企業のビジネスは世の中に新たな価値を生み出すものが多い中、世の中で普及する一般的なビジネスと異なるビジネス構造であることも多く、一見するとどのようなビジネスなのか、最新技術がどのように活用されているのかなどが見えづらいという問題があります。そのような問題解決の側面により、カジュアルに場を設けられるというケースが多いです。

もう1点は採用後のミスマッチ、早期退職のリスクを減らすためと言えます。少人数のベンチャー、スタートアップ組織では1名のアンマッチが、社内全体に影響を及ぼしかねません。一方で大手企業と異なり、社内の情報などが十分に発信できている会社が少ないのも事実であり、転職希望者もなかなか社内の雰囲気や会社風土などが見えづらいという問題があります。そこで、カジュアル面談を行い、面接とは異なったラフな雰囲気で転職希望者と会社がお話をする場を設定し、お互いのことをよりよく知る機会を作っています。

また、カジュアル面談という建前ではあるものの、企業側の本音としては選考要素が全くないわけではありません。カジュアル面談だからと準備不足でのぞみ、折角の機会を次に繋げられないケースも決して少なくはありません。カジュアル面談という形での場においても、どのようなことを質問するかなど最低限の準備をしておくのが良いでしょう。

カジュアル面談の一般的な流れ、質問例

image3
SONY DSC

カジュアル面談は一般的に次のような流れで進められます。

1.自己紹介
2.会社についての説明
3.質疑応答を通じてお互いを知る

まずは、お互いに自己紹介をします。面接ではないため、詳しい志望動機までは話さなくても構わないでしょう。このときに面談の担当者から、面接ではなくカジュアル面談を行う目的などについて説明されることもあります。

次に、会社についての説明がなされます。大企業と違って、どのような事業を行っているのか、社内の雰囲気がどのようなものなのかなど、転職希望者にとってみえづらいことをお話いただくことが多いです。また、一方的な説明ではなく、最初に疑問点や質問を受け付けて転職希望者が知りたいことにフォーカスして話が進められる場合もあります。会社説明会のようにただ聞いているだけにはならないようにするため、面談の準備として、会社についての情報収集もしておきましょう。

そして、カジュアル面談のメインである質疑応答に移ります。転職希望者と面談の担当者が質問しあって、お互いの理解を深めていきます。

面談の担当者から聞かれる質問としてよくあるのは、「会社(応募企業)についてどのような印象をもっているか」「これまでの経歴やスキル」、「将来のキャリアプラン」です。

「会社(応募企業)についてどのような印象をもっているか」の質問は、転職希望者が自社のことをどのように思っているのか、どの程度理解いただいているのかを確認するための質問になります。このような質問をされることを想定し、その会社のことを事前に調べて、質問に答えられるようにしておきましょう。また、この場面では転職希望者側がどのような質問をするかも重要なのですが、それについては後で説明します。

「これまでの経歴やスキル」や「将来のキャリアプラン」については、会社が求めるスキルを持っていて、転職希望者が求める業務を任せられるかを確認しています。転職を考えるにあたり、最初に整理しておくべきもので、これまでのキャリアを棚卸しするなどしていることと思いますが、あらためて見直しておきましょう。実際に選考に進んだ場合や他社の面接でも必要なことですから、カジュアル面談を機にしっかりと準備しておいて損はありません。

最近はオンラインでカジュアル面談が実施されることも増えてきていますが、実際に会社を訪問してカジュアル面談が行われる場合は、希望すれば社内を見学させてもらえることもあるでしょう。

選考要素はゼロではない

image4

カジュアル面談に臨むとき、転職希望者が忘れてはならないことがあります。それは、カジュアル面談が、面接ではないと言っても、選考のひとつのステップであるということです。

カジュアル面談が採用のミスマッチや早期退職を防ぐために行うものという目的から考えると、選考要素がゼロとは言い切れません。ただ話をしに行くつもりで訪問してしまうと選考に悪影響があるかもしれないため、事前の準備が大切です。

服装自由と言われている場合でも、あくまで仕事の延長線上です。企業のスタンスにもよりますが、あまりにもラフすぎる私服ではなく、オフィスカジュアルなどで訪問するのが望ましいです(web・IT企業、ゲーム会社などは比較的、服装の自由度が高い傾向にあります)。またカジュアル面談の場では履歴書や職務経歴書を提出する必要がない場合が多いのですが、自分の意欲を見せるために書類を準備しておき、当日に提出しても構いません。

なお、「カジュアル面談=0次面接」というスタンスの会社もありますので注意してください。転職エージェントを通して申し込んでいる場合は、企業側のカジュアル面談設定の意図や、カジュアル面談がどの程度選考に影響するのかといった点を確認しておくのも良いでしょう。

カジュアル面談こそ問われる質問力

image5

カジュアル面談ではお互いを知るために質問をし合いますが、ここでどのような質問をするかが非常に重要です。カジュアル面談は相互理解を深めることが目的ではありますが、企業側にどのような質問をするかで自身をアピールすることにも繋げられるためです。

例えば「残業はどの程度ありますか」などといった働き方に関する質問も勿論大切ではありますが、「なぜこのサービスをここまで成長させることができたのか」「現場ではどのような課題があるのか」「今後どのような成長戦略を描いているのか」など企業のコアコンピタンス(企業の有する根幹となる事業の強み)や現場のリアルを理解しようとする質問はビジネスリテラシーの高さや、応募企業への意向の高さなどをアピールすることに繋がります。

良い質問をするためには、企業研究が大切です。まずは会社についての基本情報を調べます。ホームページなどから、その会社の経営理念や沿革、経営者本人、主力の商品サービスといった内容です。また、会社が提供する商品・サービスに関するプレスリリースをチェックしておくのも効果的です。興味のある会社なのであれば、こういったことを調べるうちにいくつも質問したいことが出てくるのではないでしょうか。

ベンチャーやスタートアップ企業の多くは即戦力人材を求めているため、会社のビジネスモデルや業務内容を理解してくれている人に、より強い興味を持つでしょう。このような寧ろ積極的な質問を歓迎される企業は多く、会社の沿革やビジネスモデルなどを自分なりに理解した上で、事業に関する質問を準備しておくのが効果的です。ただ、「このビジネスが本当に実現可能か」といったような質問は、会社の取り組みを批判しているかのような言い方に聞こえてしまうような場合もあります。事業も組織も未整備な状況が多く、それを何とかしようと奔走している組織も多い中、そのような相手への配慮をした質問の仕方をしていきましょう。

カジュアル面談の後のフロー

image6

カジュアル面談の次は、面接に進んでいきます。しかし、前述の通り、カジュアル面談には選考の要素もあるため、面接の連絡ではなく、選考に進めない旨の連絡がくることもありえますので、先に記載の通り、質問事項など事前準備をしっかり行った上でカジュアル面談にのぞみましょう。

なお、面接ではよりカジュアル面談より一歩踏み込んだ質問が多くなることが想定されます。例えばカジュアル面談の場では「営業で大手企業を担当していて、社内表彰もされたことがあります」というような内容で終えていたとしても、面接では「大手企業をどのように攻略したのか」「なぜ社内表彰を貰えるような実績が出せたのか」などのより具体的な質問が多くなるかと思います。

企業によりますが、カジュアル面談の場ではなぜ今の会社を選択したのか、今の会社でどんなことをしているのかなどキャリアの全体像をとらえる大枠での質問が多くなり、一方、面接では入社後に成果がどの程度期待できるのかに関して実績だけでなく、その取り組みなどまで深堀りした質問が多くなる傾向にあります。

カジュアル面談を終えて本格的な面接に進む際には、そのようなご質問が多くなることを踏まえ、これまでのご経歴の棚卸などをより具体的にされることをおすすめします。その他、面接における詳細に関しては以下の記事もあわせてご参考ください。

参考:ベンチャー、スタートアップ企業の面接でよく聞かれる質問と回答例

最後に

カジュアル面談は面接と比べると、比較的フランクな場でお互いをより深く知るためのものです。必要以上に堅苦しくすることはありませんし、緊張しすぎることもありません。

しかし、事前準備は欠かせません。選考の要素も多少はある簡易な面接という意識を持って、準備しておくことが大切です。自分のこれまでのキャリアの棚卸をし、会社の事業内容を事前に調べて、有意義な質疑応答ができるようにしておきたいものです。

個人でエントリーするのも良いのですが、このように情報収集の難しいベンチャー、スタートアップ企業への転職においては転職エージェントを活用することも、良い形で転職活動を進める手段の一つとしてご検討いただくとよいかと思います。先に記載しましたカジュアル面談の準備の他、ベンチャー、スタートアップ企業ならではの面接での注意点、アドバイスなどはきっと役立つかと思います。

関西ベンチャーへの転職ならビズアクセルエージェントへ

目次
閉じる