ベンチャー、スタートアップ企業への転職エージェントの選び方

image1

ベンチャー、スタートアップ企業に就職するために、転職エージェントを利用する方は多いかと思います。しかし、有料職業紹介免許を有する事業者は国内に数万社あり、「どの転職エージェントを利用するべきか」と悩みを抱えている方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、ベンチャー、スタートアップ企業に転職する際に利用する、自分に合った転職エージェントの選び方をご紹介します。

ベンチャー、スタートアップ企業への転職に向けて転職エージェントの利用を考えている方は、ぜひ参考にされてください。

目次

転職エージェントの種類!ベンチャーに転職するならどっち?

image2

転職エージェントには、「総合型」と「特化型」の2種類があります。それぞれのメリットやデメリットを理解し、どちらの転職エージェントが自分に合っているか参考にされてください。

また、基本的に転職エージェントへの登録は無料で行えるので、どちらかに絞らず複数登録し、求人情報、キャリアの考え方など広く情報収集を行う形での転職活動をされる方も多いです。

総合型エージェントとは

総合型エージェントとは、業界や職種、企業の規模に偏りがなく、幅広い求人を取り扱っている転職エージェントです。

業界大手に括られる企業規模の大きい転職エージェントが多く、求人案件は業界大手の有名企業からベンチャー企業まで豊富に保有しています。

総合型エージェントのメリット

総合型エージェントは幅広い案件の求人が揃っているため、多くの求人の中から希望する条件で転職先を探すことができます。

また、業界毎に強みや弱みなどの情報を比較できるため、情報収集、比較検討がしやすく、異業種への転職を希望する方にとっては非常にメリットになります。

業種を絞らずに転職先を探したい方や、企業規模に拘らずベンチャー企業への転職も視野に入れている方、すぐにでもベンチャー企業に転職したい人は、総合型エージェントの利用がおすすめです。

総合型エージェントのデメリット

総合型エージェントはさまざまな職種や業界を扱っているため、担当のコンサルタントが専門的な知識に乏しいことがあります。

また、大手のエージェントは利用者数が多いことから対応が事務的になりやすいため、深い専門知識からの提案や、意見を求めている方にとっては、少し物足りなさを感じるかもしれません。

特化型エージェントとは

image3

特化型エージェントとは、特定の業種や職種、地域などに絞った求人案件を取り扱っている転職エージェントです。

医療系やIT系などひとつの業界に特化しているエージェントもあれば、第二新卒や管理職向け、女性など特定の利用者に特化しているエージェントなど、特化している分野はさまざまです。

特化型エージェントのメリット

特化型エージェントは、専門知識に基づいた転職支援を受けられることが特徴です。

特化型エージェントは特定の業界・職種などに特化しているため、専門的な知識を持っていることが強みです。業界の動向を踏まえた転職先の提案や、汎用的ではなく企業ごとの面接対策や書類作成といったサポートが受けられます。

また、特化型エージェントでは大手企業の求人だけでなく、ニッチに成長を続ける企業、あるいはその領域で成長性のあるベンチャー、スタートアップ企業の案件を保有していることが多いです。そのため、業界に精通しているエージェントだからこそ、という求人が見つかることがあります。

特定の地域や業界の企業に転職したい方や、専門的な知識や経験を活かして転職したい方、成長性のあるベンチャー企業を探したい方は特化型エージェントの利用がおすすめです。

もし関西のベンチャー、スタートアップ企業への転職を考えているのであれば、「ビズアクセルエージェント」がおすすめです。関西のベンチャー企業に特化した転職エージェントであり、CxOまたは管理職クラスへの豊富な転職支援実績があります。関西のベンチャー企業への転職を検討している方は、ぜひビズアクセルエージェントへお気軽にご相談ください。

特化型エージェントのデメリット

特化型エージェントは特定の地域や業界ごとの求人がそろっているという一方で、保有している求人の数が少ない傾向にあります。とはいえ、業界や職種を絞って転職活動を行うのであれば、デメリットと感じることは少ないでしょう。

転職エージェントは両面型と片面型で仕組みが違う!

image4

転職エージェントはこれまで取り上げた「総合型」「特化型」といった扱う求人の種類だけでなく、エージェントとしての仕組みによっても分けられます。その仕組みとは、「片面型」と「両面型」です。

それぞれのメリットとデメリットを知っておきましょう。

片面型の転職エージェントとは

片面型の転職エージェントとは、担当者がそれぞれ求職者担当の「キャリアアドバイザー」と企業担当の「リクルーティングアドバイザー」のふたつに分かれて対応を行うエージェントのことを指します。

キャリアアドバイザーは、面談や日程調整といった求職者のサポートを行います。求職者は転職が完了するまでキャリアアドバイザーのサポートを受けられます。

リクルーティングアドバイザーは、求人獲得や求人票の作成といった企業との交渉を行います。企業情報をキャリアアドバイザーに伝えることも業務のひとつです。

片面型の転職エージェントのメリット

片面型の転職エージェントでは、求職者と企業の担当者がそれぞれ異なります。

キャリアアドバイザーは求職者の対応をメインに行っているため、求職者からの質問や相談に答えやすく、求職者は手厚いサポートが受けられます。

リクルーティングアドバイザーはより多くの企業にアプローチできるため、おのずと両面型の転職エージェントより求人数が多く、求職者は転職先の選択幅が増えます。

手厚いサービスを受けたい人や求人を多く紹介してもらいたい人は、片面型の転職エージェントがおすすめです。

片面型の転職エージェントのデメリット

片面型の転職エージェントのキャリアアドバイザーは、企業と直接やり取りをすることがないため、企業理解が不足している場合があります。

もちろん担当者間で連携は行っていますが、両面型の転職エージェントと比べると求職者側に共有される企業情報は薄くなってしまいます。

両面型の転職エージェントとは

「両面型」の転職エージェントとは、求職者と企業の両方の対応を一人の同じ担当者が行うエージェントのことを指します。

両面型の転職エージェントのメリット

企業への訪問やヒアリングを行った担当者から、転職支援のサポートを受けられます。直接企業とやりとりしているため、企業理解が深く、社内の雰囲気や求めている人物像など細かな情報まできちんと共有してもらえます。

そのほか、求職者と企業への対応を同じ人が担当しているため、意思疎通の齟齬が起きにくく、交渉がスムーズにいきやすい点もメリットといえます。

より精度の高いマッチングを求める人は、両面型の転職エージェントがおすすめです。

両面型の転職エージェントのデメリット

両面型の転職エージェントでは、担当者自身が理解している企業を紹介される傾向にあります。担当者によっては、紹介される企業に偏りが出るかもしれません。

【サービスの質】ベンチャー転職を成功に導くエージェントの探し方

image5

ベンチャー、スタートアップ企業への転職を成功に導くためには、以下の2点を意識して転職エージェントを探しましょう。

キャリアアドバイザーとの相性が良いか

転職エージェントを探すうえで最も重要なのが、相性の良いキャリアアドバイザーがいるかどうかです。

自分の意見を汲み取った転職先を紹介してくれる、相談しやすいキャリアアドバイザーがいれば、転職活動をスムーズに行えます。

相性の良いキャリアアドバイザーは、「相談には真剣に乗ってくれるか」「志望している業界、職種に詳しいか」を確認することで見分けられます。

しかし、エージェントの質は実際にサポートを受けてみないとわからないため、エージェントは1社に絞らず、2~3社ほど登録し、転職活動を進めながら見極めていくことをおすすめします。

転職のサポートは手厚いか

年齢の若い方や初めて転職活動をする方にとっては、履歴書や職務経歴書などの書類作成や面接など不安になることが多いかと思います。

不安を解消しながら安心して転職活動を進めるために、しっかりとした手厚いサポートを受けられるかを確認しましょう。

エージェントのサポートが充実していると、自分自身ではわからなかった新しい強みが見つかったり、自信がついたりと、さまざまなメリットがあります。

まとめ

今回は、ベンチャー、スタートアップ企業に転職する際に、利用する転職エージェントの選び方について紹介しました。

転職エージェントには、大きく分けて「総合型」と「特化型」の2種類があります。また、「両面型」と「片面型」で仕組みも異なります。まずはどんな転職エージェントが自分に合っているのかを検討し、転職エージェントを利用することがおすすめです。

転職エージェントの探し方も参考にしながら、ベンチャー、スタートアップ企業への転職を成功させましょう。

関西ベンチャーへの転職ならビズアクセルエージェントへ

目次
閉じる