40代がベンチャー、スタートアップ企業に転職する上で必要な心構えと事前準備

image1

これまでの大企業・中堅企業での経験やスキルを活かして、40代からベンチャー、スタートアップ企業の経営幹部への転職を目指している方は多いのではないでしょうか。

しかし、「全く風土の異なる職場環境に対応できるかどうか」「家庭、生活を守れる待遇を維持できるのか」といった懸念点もあると思われます。

今回は、抱えるものの多い40代だからこそベンチャー、スタートアップ企業への転職で失敗しないために、知っておくべきことを紹介しています。40代でベンチャー、スタートアップ企業に転職をしたい方は、ぜひ参考にしてください。

目次

40代の転職者はベンチャー企業でも貴重な存在

image2

比較的若い経営者が多いベンチャー、スタートアップ企業では、20代~30代の方が採用されるイメージがあると思います。しかしながら、多くの経営者が各分野の専門性やマネジメント業務などに長けているわけではなく、40代で経験豊富な転職者の方はベンチャー企業の成長にとって必要な存在なのです。

その理由について、詳しく見ていきましょう。

40代の経験豊富な人材は貴重

ベンチャー企業は、設立して数年ほどしか経過していない発展途上の会社がほとんどです。

近年、マーケットの変化がますます速くなる中、ベンチャー、スタートアップの世界でも競争が激化しています。同じビジネス領域に資本力を有する大手企業が参入をしてくることも珍しくありません。

競争が厳しく、スピードが求められる時代だからこそ、経験豊富な人材を迎え入れ、最短最速での成長曲線を形にしていかなければなりません。そのような中、ベンチャー企業の多くは、専門的な知識や経験が豊富な人材をこれまで以上に積極的に採用する傾向にあります。具体的には、経営の一角を担うCxOクラス(CFOなど)の他、各部門の実務をリードできるマネージャークラスの人材などに30代、40代の人材を登用するなど、厳しい競争を勝ち抜く強い組織づくりに積極投資を進めています。

そのため、転職市場において経験が豊富で即戦力となる人材は、年齢問わず貴重な人材といえます。

ベンチャーは最高責任者の採用が増加中

ベンチャー企業の多くは、大手企業と比べ、各分野における知識や経験を有する人材が圧倒的に不足しています。そのため、知識や経験を豊富に有する最高責任者の採用が増加しています。

最高責任者とは、経営戦略・資金調達といった会社経営の根幹を担うマネジメントを司る人材のことです。例えば限られた予算で如何に顧客獲得を実現するかなどマーケティング戦略に長けたCMO(Chief Marketing Officer)、戦略実現に必要な資金調達などをはじめ財務戦略に長けたCFO(Chief Financial Officer)などの他、COO(Chief Operating Officer)、CTO(Chief Technology Officer)などのポジションを多くのベンチャー、スタートアップ企業で導入されています。

エン・ジャパンの採用コンサルタントの調査によると、50%の人がベンチャー企業で最高責任者の採用が増加していると回答しています。また、最高責任者の採用における需要の高い年齢層は「40代前半」、「40代後半」との回答が多いです。

出典:「ミドルの転職」コンサルタントアンケート集計結果(エン・ジャパン株式会社)

データからわかるように、ベンチャー企業では知識・専門性を有する人材や、マネジメント能力を有する人材の需要は高まっており、そのような要素を備えた経験豊富な40代の転職希望者は、ベンチャー企業にとってのどから手が出るほど欲しい人材だといえるでしょう。

IPO(新規株式公開)を目指すベンチャー、スタートアップ企業の多くで導入されるストックオプション制度

ストックオプション制度とはIPO(新規株式公開)を目指す多くの会社で敷かれる制度であり、自社株を従業員や取締役が定められた価格で取得できる権利です。具体的には比較的安価な株価で株式を取得し、IPOを実現した際、またはその後の継続的な成長により株価が上昇した際に売却することでキャピタルゲインを得るものになります。

当然ながらベンチャー、スタートアップ企業で大企業と同等の報酬を準備できるケースは稀といえますが、その補填分として、または入社後の活躍に応じ、ストックオプションを付与する形をとるケースが多いです。

40代でベンチャー企業への転職を実現し、経営の一角を担う重要なポジションを務める一方で、大きなプレッシャーを感じるシーンも多々あるかと思います。勿論、仕事の成果は報酬だけがすべてではありませんが、責任の大きな立場をやり切る上でのインセンティブは重要な事柄の一つかと思います。ベンチャーへの転職をお考えの際には、こちらの観点も考慮しておくと良いでしょう。

40代のベンチャー転職は失敗?後悔しないためのポイント

image3

これまでの記載の通り、40代でもベンチャー、スタートアップ企業への転職は十分可能といえます。しかし、何も考えずにベンチャー企業に転職してしまうと、想定していたパフォーマンスがなかなか出せない、あるいは家庭との両立に苦労することも決して少なくありません。

40代のベンチャー転職で失敗・後悔しないために、以下の3つのポイントを意識し、転職活動に臨みましょう。

1.待遇面の確認は必要

多くの大手企業では待遇や福利厚生が整備されていますが、ベンチャー企業のほとんどは十分とは言えず、大企業同等の待遇を求めるのは厳しいというのが現実かと思います。

しかし、40代の多くの転職希望の方は家庭を抜きに決断をすることが難しいでしょう。仕事と家庭が両立できなければ継続的な就業もできないため、家族の生活に必要な所得基準などは明確にしておくことが重要です。

ベンチャー企業に転職した際の年収相場については、以下の記事で紹介しているため、ぜひ参考にしてください。
参考:ベンチャー、スタートアップ企業に転職する前に!気になる年収事情と交渉のポイント

また、所得だけでなく、例えばお子様が小さい場合は、リ柔軟な勤務体制が企業選びの基準の一つになることもあるかと思います。フレックス制の勤務体系やリモート勤務があれば、安心して働くことができるでしょう。

家庭がうまく回らない、ご家族に賛同を貰えない環境では、やりがいのある仕事ができていたとしても、長く就業していくことが難しいといえます。転職の際にはそのような観点も含めて総合的に判断し、決断をされることをお薦めします。

2.業務内容に理解が必要

ベンチャー、スタートアップ企業に転職する際には、組織体制や業務の違いについても理解をしておく必要があるかと思います。

大手・中堅規模の企業では、組織を細分化しているケースが多いです。例えば会計領域だけでも経理部門、財務部門、税務部門が存在するなど、専門部署に分かれています。そのため、自分が所属する部門の担当業務のみを行う働き方になることが多いでしょう。

しかし、ベンチャー、スタートアップ企業ではフェーズが早ければ早いほど、組織の垣根が低く、比較的風通しが良い傾向にあります。それは限定的な業務範囲での働き方では、とても組織が回らないというのがベンチャー組織のリアルだからです。

また、これから組織を構築していく段階においては、マネージャーとして入社した場合でも、当初はプレイヤーを兼任する形で実務を行うケースが大半でしょう。

そのため、ベンチャー、スタートアップ企業での面接・面談の際には、現状の組織体制や人員などの実態に関して確認することをおすすめします。

一方で、自分でルールや仕組みを作ったり、大きな裁量権を得たりして組織を形にしていけるのは、未整備なベンチャー企業で働く醍醐味の一つといえるかと思います。。幅広く業務に関わることは大変ですが、その分、会社の全体像が見えるため、経営感覚をもった仕事ができるというのも大きな魅力かと思います。

ベンチャー、スタートアップ企業への面接対策については、以下の記事で紹介しているため、ぜひご覧ください。
参考:ベンチャー、スタートアップ企業の面接でよく聞かれる質問と回答例

3.変化に適応する能力が必要

ベンチャー企業は兎に角、変化が多いです。従業員の増加と共に、年間に何度も組織を再編するようなこともあれば、サービスを展開する上で必要な役割を担う新部署を立ち上げることもあります。

そのような中、どの部門が対応すべきか定まっていないような新たな問題が発生した場合には、部門関係なく主体的に動く必要があります。また、マネジメントの立場だとしても、新設部署の立ち上げに際して現場で泥臭く働くことが珍しくありません。

このように、ベンチャー、スタートアップ組織は流動性が高く、目まぐるしく変化するため、自身の役割や業務範囲も固定されるものではないという認識をもって転職活動に臨む必要があります。

事前準備が40代のベンチャー転職を成功させる!

image4

20代の転職では、やる気や素養などを鑑みた採用が行われる一方、即戦力性が期待される40代では、自身のこれまでの経験が組織にどのように貢献できるかのアピールが必要となってきます。

では、40代のベンチャー、スタートアップへの転職においてどのような準備が必要なのか、見ていきましょう。

過去の経験を洗い出す

ベンチャー企業は、40代に対して即戦力を期待しています。そのため、自身がもっているスキルや能力を整理して、即戦力性が高いことをアピールする必要があります。

自身がもっているスキルや能力の整理をする上でのポイントの一つに「再現性があるかどうか」という観点があります。特に、これまで大手企業や有名企業に長く勤務していた場合、これまでの実績が会社の看板や社内人脈に依存しているケースも多いです。「なぜそのような実績を実現することができたのか」「それは環境が変わっても再現性のある内容であるのか」という整理が重要です。

さらに、整理したスキルや能力を職務経歴書で応募企業に伝わるようにアウトプットすることも大切です。どのような課題を抱える企業の選考を受けるのかにより、当然アピールポイントも変わります。例えば、組織がある程度できている場合であればマネジメント力を、まだまだ仕組みが出来ていない組織であれば仕組み作りや生産性向上などの実績をアピールするなど、企業に合わせてアウトプットを変えていくことも転職活動では重要になります。

興味ある企業に応募される前に、あらかじめ自身のスキルや能力の棚卸、並びに応募企業が抱えている課題などを下調べしておくことをおすすめします。

ベンチャー特化型転職エージェントを利用

ベンチャー企業の転職であれば、関西ベンチャー特化型転職エージェント「ビズアクセルエージェント」をご検討ください。

ビズアクセルエージェントは、関西のベンチャー、スタートアップ企業に特化し、また最高責任者をはじめとした管理職クラス層の転職支援実績が豊富にあります。ベンチャー、スタートアップ企業への転職について情報収集をお考えの方は、ぜひビズアクセルエージェントにご相談ください。

まとめ

今回は、40代がベンチャー、スタートアップ企業に転職するうえで必要なことや、後悔しない転職活動の方法を紹介しました。後悔しないためのポイントや事前準備を押さえて、40代でのベンチャー、スタートアップ企業への転職に臨みましょう。

目次
閉じる