ベンチャー、スタートアップ企業への転職で知っておくべきリスク

image1

いまの仕事にやりがいをなかなか感じられず、ベンチャー、スタートアップ企業への転職を検討している方もいるのではないでしょうか。

しかし、大企業や中小企業からベンチャー、スタートアップ企業への転職は、安定性や環境面に不安を感じる方も多いかと思います。特に家庭をお持ちの方の場合には、家庭との両立を考えた際に躊躇するシーンもあるでしょう。

この記事では、ベンチャー、スタートアップ企業に転職する際のリスク、そのリスクを踏まえた上で、将来性のあるベンチャーを見極めるポイントなどを解説していきます。

目次

ベンチャー企業への転職で考えられるリスクとは

image2

大手企業と比べ、成長志向が強く、意思決定のスピードが早いのがベンチャー企業の特徴です。やりがいや成長を求めている人にとっては最適な環境ではあるものの、ベンチャー環境に身を移す際には様々なリスクが伴います。

ベンチャー、スタートアップ企業への転職で考えられるリスクとして会社倒産、あるいは存続などの不安があるかと思います。今回は将来的に成長性が期待できるベンチャーかそうでないかの見極め方について解説していきます。

ベンチャー、スタートアップ企業の倒産リスク

ベンチャー、スタートアップ企業の多くは、当然ながら資金が潤沢にあるわけではなく、また事業が軌道に乗った際にも大企業などが新規競合として参入することもあり、倒産のリスクが大企業や中小企業よりも高くなります。経済産業省の「中小企業白書」では、起業1年後の生存率は約72%、3年後は約50%という統計データも出ています。
そして新しいビジネスモデルや革新的技術が、必ずしも最初から顧客ニーズに当てはまるわけではありません。

多くのベンチャー、スタートアップ企業では、創業当初のビジネスモデルがうまく立ち行かず、ターゲット顧客の変更、またはビジネスモデルそのものを転換するなど経営方針の大幅な転換(ピボット)をするということも珍しくありません。

会社の存続という観点でいくと、資本力がある大手企業と比べれば、リスクがあると言わざるを得ないでしょう。しかし、現在は大手企業でも倒産の危機に瀕する瞬間もあれば、外資系企業等によるМ&Aにより、若い年代も含めた人員削減の話などが、当たり前のように報道されています。

会社の安定はある意味、大手でもベンチャーでも約束できないのが今の時代かと思います。良い意味で会社に依存し過ぎず、自分の市場価値を日々問い続け、どのような環境でも生き抜けるキャリアを築いていくという観点が大切でしょう。

年収が下がるリスクがある

初期の事業フェーズにあるベンチャー、スタートアップ企業では、事業を軌道に乗せるための投資を優先的に進める中、十分に人件費に予算を捻出するのが難しいという事情があります。

特にソフトウェア系のプロダクトで事業展開するベンチャーであれば、初期に大きな開発予算などが必要になります。さらに、黒字化まで時間を要することが多く、事業フェーズがそれなりに進むまでは、人件費に十分還元できる体制に移行しづらいでしょう。

ただし、近年では東京だけでなく、大阪をはじめとする地方のベンチャーでも、初期フェーズから億単位の資金調達をする企業が増えてきました。ここでいう資金調達は銀行からの融資というよりは、ベンチャー・キャピタルなどからの出資を受ける形での資金調達(「エクイティファイナンス」といいます)のことを指します。

そのような大型の資金調達をされ、専門性やスキルのある人材の獲得に積極的な企業の場合、調達前の企業と比べると、ある程度年収を担保できることもあります。

業務内容、役割が変わるリスク

大企業からベンチャー、スタートアップ企業に転職した場合、これまでとの働き方や業務フローの違いに、ギャップを感じることがあるかと思います。また事業フェーズによっては業務内容、役割などが変わることもあります。

ベンチャー、スタートアップ企業は立ち上がって間もない企業も多いため、教育制度はおろか、業務マニュアルや業務フローも存在しないことが多いです。よって、大手企業からの転職の場合、戸惑うこともあるかと思います。また、例えばセールスの勝ち筋などがまだ確立できていない職場は、自ら率先して考え、行動することのできない人だと、組織に順応することが難しいと感じることもあるでしょう。

その他にも、事業が形になるに連れて、新たに必要な役割や部門を立てなければならないシーンがあります。例えばサービス導入までは好調に進むものの、導入後の顧客の利用頻度などが芳しくない場合には、その課題解決を専門に行うチームなどを新設するようなことも珍しくありません。セールスとしてキャリアを積みたいと考えてる方の場合、このようなコンバートに前向きになれないというケースもあります。ベンチャー、スタートアップ企業では事業を形にしていく上で、歩留まりとなる課題解決のためにコンバートする可能性も認識の上、転職活動に臨みましょう。

ベンチャー、スタートアップ企業への転職のリスクを回避するためには

image3

ベンチャー、スタートアップ企業への転職は、倒産や業務内容、役割が変わる可能性など、さまざまなリスクがあります。

しかし、それらのリスクを正しく認識した上でのベンチャー、スタートアップ企業への転職は、自身を成長させる大きな可能性を秘めた挑戦になるのです。

ここでは、ベンチャー、スタートアップ企業への転職のリスクを回避するための方法を見ていきましょう。

赤字経営は必ずしも悪いわけではない

SaaS(Software as a Service)と称されるソフトウェア系のサービス開発を行うベンチャー、スタートアップ企業の多くは、創業時にベンチャー・キャピタル、エンジェル投資家などから資金を集めていました。そして、そのまま何年も赤字の状態でビジネスをブラッシュアップし、黒字転換を狙う形をとっています(このような成長曲線を「Jカーブ」といいます)。

このように企業は、黒字転換にある程度時間を要することが多く、最近では名刺管理アプリ事業を展開する株式会社SanSanや会計管理SaaS事業を展開する株式会社freeeなどをはじめ、「赤字上場」と呼ばれる、利益が赤字のままIPO(新規株式公開)することも、ある意味一般的になってきました(2019年は16社、2018年は12社、2017年は10社が赤字上場)。

このような赤字上場を果たす企業の評価は収益力以上に、例えば導入顧客の増加率などの成長性を評価指標として置いています。この他にも、上市するまでの期間の長い創薬などの医療系ベンチャーでも、赤字上場をするケースが比較的多くみられます。

このように財務上赤字であったとしても、業種やビジネスモデルによっては必ずしも悪いわけではないということも、ベンチャー、スタートアップ企業を見極める上でのポイントになるでしょう。

どのような事業課題、組織課題があるかを理解する

ベンチャー、スタートアップ企業は一見すると華やかな世界のように見えますが、多くの事業課題や組織課題を抱えており、日々その課題解決に奔走しています。

ビジョンや会社風土などの理解ももちろん、大切なことです。しかし、入社後にまず解決しなければならない課題は何なのか、そこに自分のこれまでの経験やスキルで解決に繋げられそうかなど、具体的にイメージが持てるのかどうかも重要になります。

ベンチャー、スタートアップ企業に限らず、入社後に仕事のパフォーマンスで周囲から信頼を得て、人間関係を築いていくということは大切です。大手企業と比較して、短期でパフォーマンスを求められる傾向にあるのがベンチャー、スタートアップ企業なのです。

選考を通じてそのような課題点などについて理解し、入社後にどのような形で貢献できそうかを、双方ですり合わせすることをおすすめします。

ベンチャー、スタートアップ企業への転職はリスク以上に魅力がある

image4

大手企業、中堅企業からベンチャー、スタートアップ企業に転職する場合、上記のようなリスクをゼロにすることは容易ではありません。

しかし、ベンチャー、スタートアップ企業への転職は、その分得られるメリットも多いです。ベンチャー、スタートアップ企業へ挑戦することで得られるメリットについてみていきましょう。

経営者の意思決定に間近で触れられる

ベンチャー、スタートアップ企業は数名~数十名規模の従業員の少ない企業が多いため、経営者との距離が近い傾向があります。

そのため、経営者の意思決定や判断する場面を間近で見て、経営者の思考や仕事のやり方を吸収しながら仕事に取り組めることは、ベンチャー、スタートアップ企業で働く大きなメリットの一つかと思います。特に一つ一つの意思決定、経営判断が会社の浮き沈みに良くも悪くも大きく影響するのがベンチャーです。経営者の側で経営感覚を養えることはもちろん、自分自身が経営幹部として、それらの意思決定に関与できる可能性があることもベンチャーで働く醍醐味でしょう。

また将来的に独立を考えている方であれば、働きながら経営者になるために必要なスキルを身につけられる機会も多いかと思います。実際にベンチャー、スタートアップ企業で勤務した方が、起業をするケースは珍しくありません。そして、ベンチャーで起こり得ることを熟知している分、創業期から良い形で組織づくりなどをしながら、会社経営をしている方も多いです。

IPO(新規株式公開)の機会などで大きなリターンを得られる可能性がある


ベンチャー、スタートアップ企業の年収面などは、当然ながら大企業に劣るケースが多いことは先に記載しました。一方でIPO(新規株式公開)を目指す企業の場合には、年収とは別でストックオプションと呼ばれる新株予約権が付与されるケースがあります。

この制度はIPOを目指す多くの会社で敷かれる制度であり、自社株を従業員や取締役が定められた価格で取得できる権利です。具体的には比較的安価な株価で株式を取得し、IPOを実現した際、またはその後の継続的な成長により株価が上昇した際に売却することでキャピタルゲインを得るものになります。

ストックオプションの考え方は会社の方針にもよるので一概には言えませんが、経営幹部メンバーとして一定数のストックオプションを有している場合、上場後に数千万規模のキャピタルゲインを得るということもあります。

応募を考えているベンチャー、スタートアップ企業が先々にIPOを視野に入れているかどうか、またその場合にストックオプション制度についてどのような方針でいるかなどは、選考の中で確認しても良いかもしれません。

会社の成長をダイレクトに感じることができる

image5

ベンチャー、スタートアップ企業では、大企業と比較して自分の仕事の成果が会社の業績にダイレクトに反映されます。会社を動かす主体者の一人として、手触り感をもった仕事ができることには大きなやりがいを感じられるでしょう。

この創業期の自身で事業を形にしていく感覚は、かけがえのないものです。実際にベンチャーで勤務し、上場まで実現、大企業、有名企業に名を連ねるまで成長した後、やはり創業期の手触り感を再び感じたいと、ベンチャーの世界に返り咲く方も少なくはありません。そのような成長機会の中に身を置くことも、ベンチャー、スタートアップの世界に身を移す大きなメリットの一つと言えるかと思います。

関西のベンチャー、スタートアップ企業に転職を検討しているなら、「ビズアクセルエージェント」にご相談ください。ビズアクセルエージェントはSaaS、EC、AI、IoTなどの他、関西ならではのリアルビジネスで着実に成長を続けるベンチャーまで幅広く支援をしています。

30代~40代など中核を司るマネジメントポジションの転職支援実績も豊富です。またマーケティングや管理部門、経営企画、営業、エンジニアなどまで各分野の専門性を有したコンサルタントがサポートいたします。

まとめ

大手企業からベンチャー、スタートアップ企業に転職する場合、どのようなリスクがあるか認識し、事前に確認することが重要です。

しかし、さまざまなリスクを考慮しても、ベンチャー、スタートアップ企業に転職して得られるメリットは多いです。自身の成長、あるいは仕事にやりがいを求める方などにはおすすめの職場といえるでしょう。

ベンチャー、スタートアップ企業への転職を検討している方は、ぜひビズアクセルエージェントをご利用ください。専門のエージェントがあなたの経験や志向に合った企業をご紹介いたします。

関西ベンチャーへの転職ならビズアクセルエージェントへ

目次
閉じる