スタートアップ企業の評価・分析に利用されるCAGRについて解説!

企業を評価する指標の一つに「CAGR」を用いられることが多いです。しかしながら、このCAGRを用いる背景、CAGRを用いる際の注意点などまで正しく理解されている方は必ずしも多くはないのではないでしょうか。今回はこのCAGRについて解説をしていきますので、スタートアップ企業など事業会社に所属する方、あるいは経営支援をされる方もそれぞれの観点でご参考頂けますと幸いです。

目次

CAGRとは

CAGRは「Compound Average Growth Rate」の略で、日本語では「年平均成長率」と訳されます。CAGRは複数年にわたる成長率から1年あたりの幾何平均を求めるものになりますが、砕いた表現でいうと「一定期間でみた際に平均どの程度成長しているのか」を判断するものになります。CAGRの計算式は以下になります。

CAGRの計算式

(N年度の売上/初年度の売上)^{1/(N年-初年)}-1

CAGRは数値が大きいほど成長率が高いことを示します。しかしながら、同じCAGRが20%の数値だったとしてもそれが3年か5年かなどで大きく意味合いが違ってきます。当然ながら売上が大きくなればなるほど高い成長率を維持することは難しいです。そのような中、5年経過する中でCAGRが15%と3年でCAGRが15%の企業を比較する場合には、5年でCAGRが15%の企業の方が評価すべきといえるでしょう。

CAGRが利用されるシーン

CAGRが利用されるシーンは多くの場合、企業を評価・分析のシーンになります。例えばVC(ベンチャーキャピタル)や事業会社の投資部門担当者がスタートアップ企業などに投資を検討する際に企業を評価・分析する指標の一つとしてCAGRを用いるというイメージになります。

当たり前ですが、企業を評価・分析する際には、売上、利益、ビジネスモデル、経営チームなど複数の指標で総合的に見ていく形になり、あくまでその中の一つであり、CAGRが高いから必ずしも高い評価に繋がるとは限りません。例えばCAGRだけ見てとても高い数値を示していたからとしても、市場全体が広がりを見せている中、競合他社がより高いCAGRであった場合には必ずしも評価されるとは言えません。そのため、CAGRを利用した上で企業を評価・分析する場合には、同じ業界、あるいは類似するビジネスモデルの他社がどのような数値を示しているのかなども鑑みた上で判断をすると良いでしょう。

また、複数の事業でポートフォリオを組んでいる企業などでは、会計部門が経営陣に対してCAGRをはじめとした指標を用い、事業の選択と集中を判断するというケースもあります。このような場合にはCAGRをはじめとした定量指標だけでなく、そこで働く従業員なども鑑みた判断が必要となります。

このようにCAGR単体での評価・分析ではなく、どのようなシーンで用いるかにより、他にどの指標をとりながら判断を下すか変わってきます。また、重視すべき他の指標も業界やビジネスモデルなどにより異なり、例えばSaaSであれば「T2D3」と呼ばれる指標、ECプラットフォームビジネスであれば「GMV」などが用いられます。このような業界、ビジネスモデルにより重視する指標を理解しつつ、CAGR単体での数値だけで判断をしてしまうことにならないよう気を付けましょう。

最後に

今回はスタートアップ企業などでよく用いられる「CAGR」について解説をしました。CAGRはよく用いられる指標ではあるものの、CAGR単体で企業を評価・分析してしまうことは、確からしい意思決定にならないリスクがあることを認識しておくと良いでしょう。CAGRを用いる場合には、併せて何の指標を重視すべきかも理解の上で分析指標を整理し、総合的に判断をしていくことをお勧めします。


この記事を書いた人

岩崎久剛

1984年兵庫県生。関西大学工学部を卒業後、受験支援事業を全国展開する大手教育事業会社にて総務人事など管理部門を経験し、2012年より人材業界に転身。大手総合人材会社にて求人広告、人材紹介など中途採用領域での法人営業を経験し、従業員数名規模のベンチャーから数10か国に展開するグローバル企業まで多様な業界、事業フェーズの企業の採用を支援。2016年よりハイキャリア領域の人材紹介事業立上げメンバーに参画し、関西ベンチャーを軸とした採用支援に従事。その後、ビズアクセル株式会社を起業。MBA。


ビズアクセルエージェント
ビズアクセルアドバイザリー

目次