「転職活動に疲れた……」そんなときのメンタル回復のコツ

転職活動を始めてみたが思い通りにいかず、身も心も疲れきってしまった……と悩む方は多いのではないでしょうか。転職活動に疲れたとき、どのようにモチベーションを取り戻し、エネルギーを再充電すればいいのか、困っている方もいるでしょう。そこで、今回は転職活動に疲れたときに役立つ、ストレスマネジメントや心身のリフレッシュ法をご紹介します。

目次

関西ベンチャー特化型転職支援サービス

ベンチャー転職は【ビズアクセル】

ビズアクセル限定の非公開求人が多数

関西ベンチャーのCxO、ミドルマネージャーなどの非公開求人を多数保有

95%以上の高い定着率

長期的にご活躍いただけるご転職を支援

ベンチャー転職のプロがサポート

豊富なベンチャー転職支援実績を有するコンサルタントがサポート

ベンチャーへの転職は決して簡単ではありません。ビズアクセルでは創業以来、関西ベンチャーに特化した転職支援を行っており、プロのコンサルタントがあなたに合ったご提案をさせて頂きます。少しでもご興味をお持ち頂けるようであればお気軽にご相談ください。

※お話を聞いて頂くだけでもOKです。

転職活動で感じるストレスとは

転職活動中は初対面の人とのアウェーな場での関わりが増え、ストレスを感じやすい要素をはらんでいます。ストレスをためこまずに転職を乗り越えるには、まずは自分のストレス要因を特定することです。自己分析を行い、どのような場面で何が原因で心がざわつくのかを明らかにしていきましょう。課題を整理し、それぞれに対して具体的なアプローチを考えることで、転職活動におけるストレスを減らし、より前向きな活動を展開することが可能です。

自己PRや志望動機を考えるのに疲れる

転職活動を始めるにあたり、まず多くの人が転職エージェントや転職サイトで自分の情報を登録する作業を開始します。続いて職務経歴書や面接での「自己PR」や「志望動機」について考えなくてはいけません。自分のことですが、表現するのが意外と難しく、また「こうすれば受かる」という正解がありません。書類の体裁を整えるAIツールやテンプレートは利用できますが、骨子となる部分は自分のものでなくては、面接官とのミスコミュニケーションに繋がります。内省や自己表現に慣れていない人にとっては、自己PRや志望動機を考える作業は負荷を感じるタスクでしょう。

転職活動と仕事の忙しさに疲れる

転職活動による忙しさにストレスを感じる方は非常に多いです。企業に応募を始める段階になると、時間を捻出するのに苦労することになります。特に現職で働きながら転職活動を始めた人は多忙を極めることになります。面接が複数件重なると日程調整が難航することがあります。同時に応募する場合は件数がキャパオーバーにならないように注意しましょう。

不採用通知が続いて気持ちが萎える

転職活動では書類選考→1次面接→2次面接→適性検査→最終面接と各フェーズで合格か不採用の結果が出ます。複数社からの不採用の通知が続くこともあります。そのようなときに気持ちを立て直し、次の応募にむけて再起できるようにストレスコーピングをしていく必要があります。

転職活動に意外とお金がかかる

経済的な問題は大きなストレス要因になります。転職活動では、面接用にスーツを新調したり、面接に参加するための交通費がかかる他、面接前後にカフェに立ち寄ったり、ネットカフェで場所を借りてWeb面接をしたり、意外とお金がかかります。

もし退職して無職の状態で転職活動をする場合は、定期収入が途絶えている状態で、貯蓄を切り崩し生活費をまかないながら転職活動を進める必要があります。転職活動が長引くほど経済的な負担も重くなるため、不安にさいなまれて早急な判断をしてしまうことがないよう、退職前に備えておくか、就業しながら転職活動を進めることが肝要です。

内定後の交渉・家族との意見調整が難航する

面接に無事合格しても、内定後には年収を含め就業条件提示(オファー面談)を受けることになり、それをもって内定受諾するかを考え、必要であれば家族会議や年収交渉をすることになります。精神的に負担を強いられる場面が続きます。

新卒の就職活動において「オヤカク(子の内定先企業へ就業することについて親の同意を確認すること)」という言葉があったり、転職においては「嫁ブロック(妻に転職を反対されること)」という言葉があったりするように、就業に際し家族の理解を得られず、反対される事例も多いご時世です。特に扶養家庭を持つ方は世帯年収の増減や、ワークライフバランスの調和を一考えておく必要があります。せっかく志望していた企業からの内定を得た矢先に、想定していた年収が得られないことや、家族から反対にあうストレスは計り知れません。

体調不良

転職活動中のストレスは、心身にさまざまな症状として表れます。心理的な症状には、不安感、焦燥感、落ち込み、自信喪失などが挙げられます。一方、身体的な影響としては、頭痛、不眠、食欲の変化、疲労感などが転職活動におけるストレスの症状として見られることがあります。

転職活動のストレスから来る症状に早期に気付き、適切なケアを行うことが重要です。少しでも体調がおかしいと感じたら、無理をせずリフレッシュする時間を持つことが肝心でしょう。

関西ベンチャー特化型転職支援サービス

ベンチャー転職は【ビズアクセル】

ビズアクセル限定の非公開求人が多数

関西ベンチャーのCxO、ミドルマネージャーなどの非公開求人を多数保有

95%以上の高い定着率

長期的にご活躍いただけるご転職を支援

ベンチャー転職のプロがサポート

豊富なベンチャー転職支援実績を有するコンサルタントがサポート

ベンチャーへの転職は決して簡単ではありません。ビズアクセルでは創業以来、関西ベンチャーに特化した転職支援を行っており、プロのコンサルタントがあなたに合ったご提案をさせて頂きます。少しでもご興味をお持ち頂けるようであればお気軽にご相談ください。

※お話を聞いて頂くだけでもOKです。

転職活動に疲れたときにリフレッシュタイムを取り入れるポイント

「転職活動に疲れた」と意欲や気力が低下している状況で、さらに転職活動を続けるのは難しいものです。転職活動で疲れたときには、定期的なリフレッシュが必要と言えます。具体的に、どのようにリフレッシュすればいいのか、以下から見ていきましょう。

運動を取り入れたストレス管理

おすすめのリフレッシュ方法として、まず挙げられるのが運動です。運動はストレスの解消につながるだけでなく、心身の健康にも良い影響を与えます。特に転職活動で感じるストレスは、長時間のデスクワークや面接の緊張などによるものが多いものです。適度な運動を取り入れることで、緊張によるストレスを解消する効果があります。たとえば、1日30分程度のウォーキングやランニングは脳にも好影響を与え、緊張やイライラした気持ちを穏やかにします。毎日継続することが難しい場合でも、週に数回程度取り入れるだけでもストレス管理には有効でしょう。

非効率な活動を削減し時間を作る

転職活動を継続しながらも、リフレッシュタイムを取り入れるためには、非効率な活動を見直し、時間を有効活用することが重要です。たとえば、求人情報のチェックは一日に一度、時間を決めて集中して行うことで、他の時間をリフレッシュのために使うことができます。また、履歴書や職務経歴書のテンプレートを用意しておくことで、応募書類の作成の手間を軽減できるでしょう。上記のように非効率な時間を見直せば、貴重な自分の時間を作り出すことにつながります。

リフレッシュにつながる趣味を取り入れる

転職活動中に趣味を取り入れることは、精神的なリフレッシュにつながります。趣味を通して、転職のストレスから少し離れた時間を持つことで、心身ともにリフレッシュすることが可能です。「音楽を聴く」「映画を見に行く」「日帰りで旅行する」など、自分が楽しめるものであればなんでもOKです。趣味の内容によっては、新たなスキル習得にもつながり、それが転職において有利に働く場合もあるでしょう。

仕事とプライベートのバランスを保つ

転職活動に没頭しすぎては、リフレッシュする時間がとれません。仕事とプライベートのバランスを保ち、適切な休息を取ることは非常に大事です。週末を利用してリフレッシュする時間を持ったり、転職活動をしていない時間は自分や家族との時間に使うなど、明確なラインを引きましょう。仕事とプライベートのバランスを適切に保つことで、心身の健康を維持しやすくなります。

栄養バランスのとれた食事で体調を整える

心身の健康を維持するにあたって必要なのが、栄養バランスのとれた食事です。特に、疲れやすく、ストレスがたまりがちな転職活動中は、体を内側から支える食事が大切です。バランスの良い食事には、適量の炭水化物、たんぱく質、脂質はもちろんのこと、ビタミンやミネラルが豊富な野菜や果物を取り入れるのがおすすめです。いずれも、体のエネルギー源となるとともに、免疫力の維持や心の安定にも関わります。できるだけ加工食品を控え、新鮮な素材から調理した食事を心がけましょう。手作りの食事を準備する時間が転職活動におけるリフレッシュタイムとなり、結果的にモチベーション回復につながります。

瞑想とリラクゼーション

意識を今この瞬間に集中させるマインドフルネス瞑想は、セルフコントロールを向上させる効果があります。転職活動期間中、不安な未来や過去の失敗に思いをはせることが度々あるでしょう。そのような心の動揺を鎮めるためにマインドフルネス瞑想は有効です。リラクゼーション効果が高く、自分の心と向き合い、内面の平静を取り戻すきっかけになります。

また、瞑想に加え、アロマセラピーなどの香りを活用したリラクゼーションも、ストレス軽減が期待できます。日々の瞑想やリラクゼーションタイムを設けることで、心身ともにリフレッシュし、転職活動へのモチベーションが高まるでしょう。

転職に疲れたときにおすすめ!誰かのサポートを受けよう

転職活動で疲労や焦りがたまると、モチベーションの低下を招きかねません。そんな時に心の支えになるのが、周囲からのサポートです。家族や友人、専門家など、周囲の人々からの協力や助言は心の支えになります。ここからは、どのようにしてソーシャルサポートを活用すべきかを解説します。

家族や親しい人からのサポート・理解を得る

転職活動を続けていく上で、私たちを最も近くで支えてくれるのは家族や友人などの親しい人たちです。転職活動における自分の考えや退職の決意を、家族や親しい人には早めに伝えましょう。自分のキャリアについてのビジョンや、転職を通じて何を実現したいのかを具体的に説明し、理解と協力を得られるとベストです。

家族の意向を把握し、感謝の気持ちを忘れずにサポートを頼ることで、転職活動はよりスムーズなものになるでしょう。

メンターとの関係を築いて学ぶ

転職活動は決断しなければならないことが多く、一人で抱えきれないこともあります。だからこそ、経験豊富なメンターの存在は大きな助けとなります。メンターは必要な時に都合よく現れるとは限りません。学生時代の先輩や前の職場の上司など、日頃から誰か頼れる人に悩みの相談役になってもらえる関係性を築いておくと、転職活動においても心強い味方となります。

メンターに対しては自分の期待や目標を率直に伝え、客観的な視点によるアドバイスを求めましょう。そのアドバイスを素直に実践に移す姿勢が求められます。また、定期的な接点を通じて、転職活動の進捗を共有することで、継続的なサポートを受けることができます。メンターとの強固な関係は、自己成長につながり、転職活動の質を高めることにつながるでしょう。

転職エージェントからの転職サポートを受ける

「自己流で始めてみたが、うまくいかず転職活動に疲れてしまった・・・」「転職について相談したいが、頼れる人がいない」......そんな時は転職エージェントを活用をおすすめします。

転職エージェントは求人の紹介だけでなく、自身のキャリアについても相談したいという場合にも活用できるサービスです。身の経歴の棚卸、今後の自分のキャリアプランをどうしていくべきかなど腹を割って相談できる人がいるかどうかは転職の成功を左右します。

転職エージェントは国内に数万社あり、スタイルや強みはそれぞれ異なります。業界特化型の転職エージェントや第二新卒を対象とした転職エージェント、あるいは管理職に特化した転職エージェントなど特色があるのです。これまでの経験、自分が描きたいキャリアなどを踏まえ、自分に合った転職エージェントをパートナーに選びましょう。

関西ベンチャーに特化した転職エージェントとして転職支援実績を重ねてきましたビズアクセルでは、無料での転職相談を承っております。今すぐに転職をお考えでない段階でこれからのキャリアのご相談相手としてご活用頂くのも結構です。少しでもご興味をお持ち頂けるようであれば下記よりお気軽にお問合せください。

関西ベンチャー特化型転職支援サービス

ベンチャー転職は【ビズアクセル】

ビズアクセル限定の非公開求人が多数

関西ベンチャーのCxO、ミドルマネージャーなどの非公開求人を多数保有

95%以上の高い定着率

長期的にご活躍いただけるご転職を支援

ベンチャー転職のプロがサポート

豊富なベンチャー転職支援実績を有するコンサルタントがサポート

ベンチャーへの転職は決して簡単ではありません。ビズアクセルでは創業以来、関西ベンチャーに特化した転職支援を行っており、プロのコンサルタントがあなたに合ったご提案をさせて頂きます。少しでもご興味をお持ち頂けるようであればお気軽にご相談ください。

※お話を聞いて頂くだけでもOKです。

最後に

本記事では、転職に疲れを感じている方へ向けて、効果的なリフレッシュ方法や、活用できるソーシャルサポートなどについてご紹介しました。転職活動期間中は、緊張や不安などストレスを感じる日々を送ることになります。だからこそ、転職活動で疲れてしまう方が少なくありません。

ぜひ、今回ご紹介した内容をヒントにしながら、自分らしい転職活動疲れの解消法を模索してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

岩崎久剛

1984年兵庫県生。関西大学工学部を卒業後、受験支援事業を全国展開する大手教育事業会社にて総務人事など管理部門を経験し、2012年より人材業界に転身。大手総合人材会社にて求人広告、人材紹介など中途採用領域での法人営業を経験し、従業員数名規模のベンチャーから数10か国に展開するグローバル企業まで多様な業界、事業フェーズの企業の採用を支援。2016年よりハイキャリア領域の人材紹介事業立上げメンバーに参画し、関西ベンチャーを軸とした採用支援に従事。その後、ビズアクセル株式会社を起業。MBA(グロービス経営大学院)。

目次