ワーママが転職で考えるべきこととは

 

育休中や育休復帰後に、仕事と育児と家事の両立で忙しい日々に追われているワーママ、今後のキャリアをどうしていくか悩み、転職を考えるワーママは多いのではないでしょうか。また、一般の転職者と転職理由も異なり、制約も多い中での転職活動は難しいこともたくさんあると思います。今回は、ワーママの転職活動の仕方や注意する点、また転職市場におけるワーママについて解説していきます。

目次

キャリアに悩みを抱える女性は多い

新卒でキャリアを重ねても結婚、配偶者の転勤、出産、育児などのライフイベントで思うようなキャリアを歩めなくなる女性は多いです。こういった様々なライフイベントのタイミングで、優先順位を柔軟に変えていかなければいけない状況におかれます。中には、自分のキャリアを諦めてしまう女性もいるのではないでしょうか。

女性管理職の6〜7割が子供を持たないというデータもあり、キャリア充実のためには出産・育児を犠牲にしなければいけないという現状もあります。育児期におけるキャリア形成が一番難しいと思います。

育児中のワーママは、仕事と育児と家事の3つの両立をしなければいけません。結婚、育児は男性・女性に関係なく訪れますが、日本ではまだまだ家事・育児の負担が女性に偏ってしまっている現状があります。多忙な日々をこなしていくことで、なかなか自身のキャリア形成を後回しにしてしまっている方も多いでしょう。

多忙な日々だと思いますが、一度自身のキャリアプランについて立ち止まって考えてみてください。例えば、今現在は子供がまだ小さく、育児にかける時間が長くなりキャリアにフォーカスし切れないかもしれません。しかし、子供が成長するにつれ親の手も離れていくため、短期的な視点ではなく、長期的な視点で働き方や理想のキャリアについて考えてみましょう。

働き方を考えていく上で、「育児との両立に理解のある環境」が不可欠となってきます。職場やパートナーなどの周りのサポートが重要となります。自分の理想のキャリアプランを叶えるためには、サポート体制を確保できるかどうかも視野に入れましょう。現職でそのようなワーママへの働き方がなかなか理解を得られない場合には、転職も選択肢として入ってくるかと思います。

ワーママを取り巻く環境

保育園に関わる問題や子供の体調不良で急なお休みをとらなければいけない、労働時間などあらゆる制約がかかる、男性の多い職場や理解の低い上司がいたりでなかなか理解を得られないなど、子育てをしながらだと働きづらさを感じる場面が多いと思います。

転職を考えたことがあるワーママが8割にも及び、子育て時間確保や、より自宅近くの職場で働きたい、業務量、勤務時間により現職だと育児との両立が難しいと考えているワーママが多いのも実情としてあります。仕事と子育ての両立はできても昇進や昇格の機会が見込めない「マミートラック」という言葉もあるくらい子育てをしながらキャリアアップを望むことが難しい環境があります。

時短勤務などの制度がない、制度があっても取得しにくい、復職後の配置転換や業務変更によってこれまで培ってきた経験やスキルを活かしづらいといったこともあるでしょう。また、時間制約があり充分に成果を発揮することができないといった悔しさもあると思います。

しかしながら、ワーママを取り巻く環境は、2010年の育児介護休業法の改正で、3歳までの短時間勤務制度が義務化され、出産後働き続ける女性がどんどん増えてきました。企業もそれに伴って在宅勤務を可能にさせるなど、様々な制度ができました。ワーママが増えるにつれ企業側の理解も増し、ワーママを取り巻く環境は大きく変化し続けています。そのため、ロールモデルの不在が問題としてある一方、女性の働き方の選択肢が広がってきています。

転職市場におけるワーママ

これまでは時間的な制約でフルタイムの方と比べると不利なシーンが多く、ワーママ歓迎の求人が少なかったですが、人手不足の昨今、働く意欲や実務経験豊富で能力が高いママさんを積極的に求める会社が増えてきています。短時間勤務の正社員という新しい選択肢も増え、時短勤務・フレックスタイム制度・リモートワーク可能な求人でキャリアを積むことができるようになってきています。今後ワーママが増えることを見越して働きやすい環境を整えるためにも、ワーママのロールモデルとして採用されるケースもあります。 

では、なぜ企業がワーママを求めるかと言うと、ワーママは育児を通じてマネジメントスキルを養っており、育児は確実にキャリアのプラスと捉えられているためです。そのため、育児期間をキャリアのブランクと否定的に捉えず、自身の成長の一環として前向きに捉えてください。

特に人手不足に悩まされることが多いIT・WEB業界はワーママを積極採用しており、業務内容の特性上、多様な働き方が認められており、フレックス制度やテレワークの充実されているところも増えています。

ワーママの転職活動

一般の転職者に比べると仕事や育児で忙しく転職活動の時間を確保しにくいと思いますが、子供の年齢に応じてハードルの高さが変わってきます。3歳までは、産休・育休復帰後、思うように仕事と家庭の両立ができずに転職を考え始めるきっかけになるでしょう。ただ、子供から目が離せず、子供は体調を崩しやすいので、転職活動のハードルが高めです。

転職活動をスムーズに進めるためには、家族やベビーシッターなどの周りのサポートが不可欠になります。4・5歳になると子供の免疫力が安定してくるので、子育てに余裕が出てくるため、転職をするには良いタイミングです。多くの場合、子供が保育園に通っている間に転職しているワーママが多いのも現状です。

小学校入学前後は、子供が自立して自分の時間も取れるようになってきますが、生活スタイルがこれまでとは大きく変わってきます。例えば、保育園よりも学校の方が通っている時間が短い、夏休みなどの長期休暇中に子供の預け先をどうするのかを考えなければいけないなどです。企業のサポートも小学校入学までとなっているところもあるため、この時期の転職活動においては無理なく働き続けられるかを慎重に考えなければいけません。

第二子・第三子を考えられている方は更にそのタイミングも考慮して転職がベストな時期を具体的にシミュレーションする必要が出てきます。こういった転職活動のハードルは様々なことがありますが、転職後、以前より仕事内容にやりがいを感じられるようになった、自身のキャリアアップになった、働き方を変えることで育児との両立が可能になったなど、転職してよかったと思う方が多いです。

ワーママ転職活動で考えておきたいこと

ママになってから育児とのバランスを考えた条件面重視になってしまいがちですが、自身のキャリアを向上させたいという思いがある方も多いのではないでしょうか。だからこそ、転職する目的を忘れないことが一番大切になります。子供の成長に寄り添いながらキャリアプランを形成していかなければいけませんが、仕事と家庭の両立は大変であるからこそ、条件だけでは続かず、自分がやりたいことを叶えるという目的をしっかりと明確にすることが必要です。

次に条件面において、通勤時間、保育園など預け先から急なお迎え要請があった場合も対応できる距離なのかなど、遠い職場への転職には要注意です。職場が遠くなることで、家事や子育ての時間を確保することが難しくなってしまいます。

また、ワーママが働きやすい制度・風土があるか、時短勤務・フレックス勤務制度や配属部署での利用実績なども確認すると良いでしょう。先輩ワーママが実際にどのように働き活躍されているか聞けると心強いですね。ただ、無理を押し付けないように気をつけましょう。自分の労働環境の主張が強くなりすぎて、自己PRが弱くならないようにしましょう。

尚、自己PRにおいては、「ママだからここまで」と自分から線を引かずに、どんな成果が出せるかをハッキリと伝えることが大切です。条件面とともに、家族ともサポート体制を相談する必要があります。会社の環境が整っていたとしても、周りのサポートがなければ続けることがしんどくなってきてしまいます。

そのため、夫や自分が在宅勤務を活用して育児や家事を分担して、時間を増やすのも選択肢の一つでしょう。リモート勤務、中にはフルリモートでの就業の会社も増えているので自分たちのライフスタイルを踏まえてどのような企業が良いかを整理して臨みましょう。

最後に

今回は、ワーママを取り巻く環境から、ワーママの転職活動について解説していきました。子供の成長とともにキャリアプランを立てることは難しく、転職活動においても様々なハードルがありますが、女性が活躍できる環境も少しずつ整ってきております。自分が今後何を大切にしていきたいかを明確にし、自身のキャリアを諦めずに考えていってほしいです。

bizaccel
biz
目次