30代でベンチャー、スタートアップ企業への転職に臨む心構えと転職成功のポイント

image1

ベンチャー、スタートアップ企業への転職と聞くと、「若い世代の転職」というイメージをもつ人が多いのではないでしょうか。しかし、ビジネスのスピードが高まり、より競争環境が激化する中、マネジメント層、即戦力性の高い人材の採用に積極な企業も増加してきている傾向にあります。

今回は、30代でベンチャー企業へ転職するに際してのメリットとデメリット、後悔しないベンチャー、スタートアップ企業への転職方法を解説していきます。

目次

30代でベンチャー企業に転職するメリット

image2

30代でベンチャー企業へ転職するメリットは以下の通りです。

業務の幅が広がる

多くのベンチャー、スタートアップ企業では、割り振られた業務をこなすだけではなく、自身の業務範囲を超えて様々な業務を行う必要があります。これは単純な人員不足の問題もあれば、顧客の声を反映する中で新設部門などの立ち上げなどに紐づくような場合もあります。

このように聞くと、業務が多く大変に思われるかもしれません。しかし、幅広い業務に関与することで、事業や会社の全体像を俯瞰した視点で仕事に臨むことができたり、自分の仕事が会社の成長にダイレクトに直結する感覚などに、やりがいを感じたりできます。こういった感覚は、大企業と比較すると多くなるでしょう。

キャリアアップのチャンスがある

入社後に成果を上げれば早期に管理職についたり、事業責任者へ抜擢されたりなど、キャリアアップを実現できる可能性があります。

特にベンチャー、スタートアップ企業であれば、プレイヤーとして活躍する社員は20代が中心であることが多いです。実務経験だけでなく、後輩社員の育成経験などを有する30代の年代層には、それらをまとめた仕組み作りなどを期待されることが多くなります。そのため、入社後に早い段階で管理職に登用をされることも多いです。

ただ早期に管理職になれる可能性があると言っても、年代の問題で管理職になれるというわけではありません。明確な成果や周囲を牽引できるなどのリーダーシップを発揮することが前提です。事業成長に貢献度の高い人材が評価されやすい構造になる点にご注意ください。

経営を身近に感じられる

大手企業と比較して従業員規模が小さいベンチャー、スタートアップ企業では、経営陣と近い距離で仕事ができます。経営陣がどのようなことを考え、経営判断を下しているかを身近で感じられる瞬間も多いでしょう。また、社長や役員の方とともに案件を進めることも珍しくありません。

ビジネスパーソンとしてキャリアアップを目指す上で、会社や事業の未来を見据えた「決断をする力」は非常に重要な要素のひとつです。不確実性がますます高まる高いビジネスの世界で、どのような観点で物事を考え、何に時間や予算を投資するのか、このような意思決定を経営者の間近で感じられる環境は、大きな成長の糧になるかと思います。

30代でベンチャー企業に転職する際にデメリットに感じ得ること

image3

多くの魅力があるベンチャー、スタートアップ企業ですが、一方でデメリットと感じ得ることもあります。ベンチャー、スタートアップ企業に転職をした際に、どのようなことがあるか事前に認識して、後悔しないようにしてください。

年収が下がる可能性がある

これまで大手企業に勤務されてきた場合、ベンチャー、スタートアップ企業へ転職すると年収が下がる可能性があります。

30代の転職の場合、子育てや家庭との両立なども考えなければならない方も多いかと思います。そのような中、綺麗事抜きに年収は決断する上での大きな要素のひとつになるでしょう。

特に創業から間もないベンチャー、スタートアップ企業の場合、最初から十分に利益を確保できるとは限りません。そのような中、業務量に対して報酬が伴わないと感じる可能性もあります。

早期にキャリアアップをし、管理職や責任者へ抜擢されたとしても、事業が軌道に乗るまでは大手企業の同じポジションと比べると、水準が低いことがほとんどです。

但し、事業フェーズが進み、収益力がある程度担保できるようになったベンチャーであれば、それなりに人件費にも還元が出来るようになります。家庭との両立を度外視した無理のある転職をしても、結局は長続きしません。そのような点を踏まえ、どのような事業フェーズのベンチャーであれば長期的に頑張ることができそうか検討の上、転職活動に臨まれることをおすすめします。

まだ世の中にない新しいビジネスだからこその不安定性

image4
SONY DSC

ベンチャー、スタートアップ企業の展開するビジネスは、まだ世の中にない新しい価値の創造などを目指したものが多いです。その為、良いプロダクトだったとしても最初はなかなかマーケットに受け入れて貰えず、売上獲得に苦戦することがほとんどです。

今では上場を果たした企業でも、創業当初のビジネスモデルはうまくいっていなかったということもあります。その中で、ビジネス方針を転換(ピボット)し、当初のターゲット顧客を変更する、あるいはビジネスモデルをがらりと変えるなど、試行錯誤をしながら事業を形にしているケースも珍しくないのです。

またある程度事業が軌道に乗ったとしても、大手企業の参入などが待ち構えています。事業の収益化、そして競合優位性の確立が実現できるまでは、なかなか安心はできないかと思います。

家庭を持つ方や、安定した生活を求める人は、ベンチャー、スタートアップ企業への転職にはリスクがあることを理解しておく必要があります。転職活動を始める際に、その認識を家族と共有の上、ベンチャーへの挑戦を決断してください。

カルチャーアンマッチの可能性がある

従業員規模の小さいベンチャー、スタートアップ企業では、経営者の考え方が職場環境に色濃く影響します。

例えば、営業出身の経営者であれば、体育会系のような会社風土であったり、エンジニア出身の経営者であれば、モノづくりを第一にした組織の作り方をしていたりします。その他にも複数の起業経験がある連続起業家の場合には、創業当初より仕組み作りに力を入れているなど、経営者のバックグラウンドや考え方に組織は非常に影響を受けます。

自分がどのような企業文化、経営方針の環境であれば頑張れそうか自己認識を深め、その上でカルチャーフィットしそうな企業を選択されると良いかと思います。最近では代表の方がTwitter、noteなどでどのように会社経営を考えているか情報発信をしているケースも多いので、是非応募の前に、そのような情報も参考にすると良いでしょう。

30代でベンチャー企業への転職を成功させるポイント

image5

実際にベンチャー、スタートアップ企業へ転職し、キャリアアップを実現するためには、いくつかのポイントがあります。

自分が思うキャリアアップは何かを具体化する

ある人は役職が上がることを、ある人は年収が上がることをキャリアアップと捉えるなど、当然ながらキャリアアップの定義は人によって違います。転職した後に後悔しないためには、自分自身がありたい姿を具体的にイメージし、そのありたい姿に近付ける可能性が高いベンチャー、スタートアップ企業を選ぶ必要があります。

自分のありたい姿を明確化した上で転職活動に臨むと、企業のどのような点を確認すべきか具体化できます。

例えば早期に役職を上げ、経営ポジションを目指したいのであれば、どのような基準でマネジメントポジションへの登用を決定しているのかを確認するのが良いでしょう。自分が食い込める余地があるか、現在の経営体制などについても理解をしておく必要があるかと思います。

また、自身の成長機会を大切にする場合であれば、どのような事業展望を描いているのかを具体的に伺うことで、会社の成長と共に、どのような挑戦機会が期待できそうかイメージできるかと思います。

キャリアプランから自分のやるべきことを具体化する

ベンチャー、スタートアップ企業へ転職する際は先に記載の通り、どのようなキャリアを歩みたいか具体的にイメージをして臨むと良いかと思います。

ありたい姿が具体的であれば、その実現に向けて短期、中長期で何に取り組むべきかが明確になります。目的意識をもって仕事に取り組むのと、漠然と目の前の仕事に向き合う働き方では、当然ながら成長スピードに差がつきます。

ベンチャー、スタートアップ企業は教育制度が十分と言えない環境の企業が多く、また大手企業のように、会社がキャリアステップなどを具体的に提示しているようなケースは稀です。つまり、入社後にキャリアを築いていくのは、自分自身に他なりません。

特にベンチャー、スタートアップ企業に挑戦される方には、経営の一角を担える人材になりたいと考える方も多いと思います。今の自分には何が足りないかを具体的に考え、あるいは経営陣として活躍している方と自分との差分など冷静に捉え、自分に必要なことを意識しながら仕事に臨まれることをおすすめします。

ベンチャー企業に強い転職エージェントを利用する

image6

自力で企業研究を行っても、ベンチャー、スタートアップ企業は大手企業と比べて公開されている情報が少ないため、情報収集しきれない部分もあるでしょう。そんなときは、転職エージェントの力を借りることもひとつの手段です。

関西のベンチャー企業への転職支援実績が豊富な「ビズアクセルエージェント」では、30~40代を中心としたマネジメント層の転職サポートに強みをもっています。

30代でベンチャー、スタートアップ企業への転職を目指すのであれば、ぜひ登録しておきましょう。

まとめ

20代が挑戦するイメージが強いベンチャー、スタートアップ企業ですが、スキルや経験のある30代だからこそ、活躍できる可能性も大いにあります。30代でまだまだチャレンジングな挑戦をしたいとお考えの方はぜひご参考になさってください。

関西ベンチャーへの転職ならビズアクセルエージェントへ

目次
閉じる